移住者レポート

ひと足先に島暮らしを楽しんでいる先輩に、大三島での体験談やアドバイスを伺いました!
大三島マスター001
大三島町宮浦在住(広島県出身)
お名前 長谷部 進殿(昭和24年生) 
現在愛する妻と二人暮らし(別居に子供3人孫7人!!!)
Q1:大三島に移住してどのくらいになりますか?
>>お正月で満6年(2010年12月現在)です!
Q2:大三島に移住したきっかけを教えてください
>>みかん農家になり百姓になる為です!
みかんを育て、野菜を育て、自転車に乗り、焚き火をして、海を眺めて、星空を眺めて、本を読み、音楽をする。そのほかたくさん、たくさんの好きなことを行う為に大三島に来ました。
Q3:すぐに、住む場所や仕事は決まりましたか?
>>18か月探し続けました…。
とりあえずは住めるだけのアパート(当時は衝撃の汲み取り式トイレ…)を大三島内に決めて移住して来ました。それから18ヶ月間、とにかく探しました。探し続けて9件目にやっと今の家を購入することが出来ました。
Q4:大三島に移住してびっくりしたことや困ったことはありますか?
>>まず、びっくりしたことは、一つ目に、マーレグラッシアの塩風呂・しまなみドーム・多々羅温泉…この小さな島内に温泉が3つもあることです。二つ目に、水洗トイレが完全完備されていること!三つ目は台ダムという大きなダムがあるということです。   
(※大三島にある様々な施設は大三島の魅力から御覧になれます!)
困ったこととして、目的の一つである、みかん農家をするためのみかん畑、それから野菜畑といった土地をなかなか借用することができませんでした。突然大三 島に居住したからでしょうか…?親類・知人が全くいない中で、貸してくれる人が見つかりませんでした…。
Q5:その問題はもう解決しましたか??
>>はいっ!!世の中には親切な人もたくさんいます。農協の人がみかん畑を借りれるようにお世話をしてくれました。同時に週2日働くアルバイト先までお世 話してくれました。心からありがとうございます…!!! それから、野菜畑はマーレグラッシア(これぞまさしく!!裸のつきあいですね!)で知り合った人 が1反(300坪)近い畑を世話してくれました。
Q6:大三島に移住してよかったこと嬉しかったことはありますか?心温まるエピソードを教えてください。
>>大三島に来るまで、農作業を全く行ったことのなかった私に、農家のおばあちゃん、おじちゃん達がそれこそ手取り足とり、みかん作りや野菜作りを親切に 教えてくれました。さらに、もう使用しなくなったからといって、農機具一式(管理機・草刈機・消毒ポンプその他いろいろ)を私に譲ってくれました。管理機 を使って土を耕運していたら、刃の取り付けが逆だと笑って教えてくれた人、みかんの木の剪定で、木が丸坊主になっているのを見て、みかんがかわいそうだと 一緒に剪定してくれた人…みんな…みんなに心からありがとうがいいたいです♪
Q7:今、一番はまっていることはなんですか?
>>まず、野菜作りです!!何を作るのか、種選び植え方、世話の方法、害虫対策(青虫・鳥・その他)これら全てを自分で考え実践できるか?と日々プレッ シャーと戦いながらも、実行する楽しさ、そして収穫の喜び、自分で作った野菜を売る楽しさがあり、毎日毎日楽しく畑に出かけています♪
  それから、はずせないのがもうひとつ!!60歳を過ぎてはじめたオカリナ(土笛)吹き。素朴な音色がとてもいいです♪毎日1時間以上練習中です!!だれか!!教えてください♪
Q8:休日の過ごし方を教えてください。
>>今の私にとっては毎日が日曜日です!サラリーマン時代よりも時間が足りなくて1日に何回も時計を見ます。毎日みどりちゃんとデートしています♪(注: みどりちゃん=畑の野菜です笑 一番はもちろん愛妻ですよ!)野菜を収穫し、今治市内にある『さいさいきて屋』地産地消市場に出荷しています。畑から帰っ たらオカリナの練習、それからしまなみドームの温水プールで泳ぎ、併設してある温泉に入ります。
Q9:移住前と移住後に何か変化はありましたか?
>>今好きなこと、やりたいことを思うように実行しているので、出来れば120歳まで長生きしたいと思うようになりました。みかんや野菜を育て地域のお年寄りが集まれる喫茶店のようなものを開きたいです。百姓として“幸せの種”を植えたいなあと思うようになりました。
Q10:最後に、これから大三島に移住を考えている方へ、アドバイスや熱~いメッセージをお願いします。
>>大三島は定年年齢の人が農家的というか、百姓的に暮らすのにとてもよい場所です。半日百姓を行い、あとの半日は好きなこと(趣味)を行って暮らす為の 条件がすべて有ります。畑はある、家はある、海はある、自然は豊か、島なのに豊富な水もある。心温かい島のおじいちゃん、おばあちゃん、若者もいる。田舎 暮らしができる!!もしも、都会が恋しくなってもしまなみ海道にかかる橋を通って、24時間いつでも四国や本州…どこへでも行けます。
まさに大三島は天国です。
農的暮らしに『夢』・『希望』があるなら迷うことなく飛び込め!!
大三島マスター002
大三島町宮浦在住 (京都府出身)
お名前 山内 勲殿(昭和19年生)
現在愛妻と二人暮らし♪
Q1:大三島に移住してどのくらいになりますか?
>>5年10ヶ月(2010年12月現在)です。
Q2:大三島に移住したきっかけを教えてください
>>ラントゥレーベン※1に入居し、近隣の人たちや会う人々が親切なことや下水道の設備など環境が良かったのがきかっけになりました。
※1ラントゥレーベンとは、日ごろ農業に親しむことの少ない都市住民の方が、花や野菜を育てつくる喜びを実感しながら農村地域での交流を通して自然を満喫するための滞在型農園施設です。大三島町野々江にあります。
Q3:すぐに、住む場所や仕事は決まりましたか?
>>ラントゥレーベンに入居して1年半位で家は見つかり、仕事は組の方の勧めで、シルバー人材センターに登録後、役場の仕事をするようになりました。仕事をすることによって人とのつながりがあっという間に広がりました。
Q4:大三島に移住してびっくりしたことや困ったことはありますか?
>>特にありません。
Q5:大三島に移住してよかったこと嬉しかったことはありますか?
>>何事も(野菜作り、日曜大工など)困ったときには相談すると、とても親切にいろいろ教えていただけることです!!
Q6:今、一番はまっていることはなんですか?
>>石窯作りです♪我が家の庭先に設置中なんです!ゆくゆくは石窯でこんがり焼いたパンやピザが作れるようになる予定です♪
Q7:休日の過ごし方を教えてください。
>>土曜日は夫婦で日帰りでしまなみ海道を通って近くの山や観光地に行きます。日曜日は趣味と実益を兼ねて一生懸命石窯作りをしています。
Q8:移住前と移住後に何か変化はありましたか?
>>毎日が本当に充実した生活になりました♪♪
Q9:最後に、これから大三島に移住を考えている方へ、アドバイスや熱~いメッセージをお願いします。
>>組に入ること、地域行事に積極的に参加すること、仕事やボランティアなどで多くの人たちと知り合いになることが大切だと思います。
いちばんの近道は、住む地域に溶け込むことです!!
大三島マスター003
大三島町野々江在住(奈良県出身)
お名前 出垣 正美殿(昭和18年生)  
現在愛妻と二人暮らし
Q1:大三島に移住してどのくらいになりますか?
>>4年6ヶ月(2010年12月現在)です。
Q2:大三島に移住したきっかけを教えてください
>>テレビ等でよく放映されている『島暮らし』に憧れていました。
Q3:すぐに、住む場所や仕事は決まりましたか?
>>公的機関の支援により住居が決まりました。(市役所の市営住宅)
Q4:大三島に移住してびっくりしたことや困ったことはありますか?
>>町内にいくつか病院はありますが、やはり医療環境の不備を感じます。
Q5:大三島に移住してよかったこと嬉しかったことはありますか?
>>大三島大橋の素晴らしい景観、透き通るような海、近隣の方々の親切そして思いやりに感謝しながら、日々楽しく過ごしてます。
Q6:今、一番はまっていることはなんですか?
>>陶芸♪ 菜園♪ ペタング♪
Q7:休日の過ごし方を教えてください。
>>魚釣り♪ ハイキング♪ 霊場巡り♪
Q8:移住前と移住後に何か変化はありましたか?
>>朝・夕のウォーキングや保健センターでのトレーニングなどで健康になりました。実年齢よりもずっと心も体も若いですよー!!
Q9:最後に、これから大三島に移住を考えている方へ、アドバイスや熱~いメッセージをお願いします。
>>客観的に見ると島は日常生活に不便を感じると思いがちですが、実際に大三島に住んで生活してみると、スーパーマーケットやホームセンターなどあり、日々の生活に支障をきたすことは無いと思います。  
  私の心がけていることは、地域の方々に進んで挨拶をすること、そして地域行事やサークル活動には積極的に参加することです。そうすることで地域の皆さんにとけこみ楽しく日々を過ごすことができると思います。
成功の秘訣はコミュニケーションを大切にすることですねっ!!
大三島マスター004
大三島町野々江在住 (岩手県出身)
お名前 T殿(昭和30年生)
妻と二人
Q1:大三島に移住してどのくらいになりますか?
>>4年です(2010年12月現在) ※現在、滞在型農業体験施設ラントウレーベンに入居されています
Q2:大三島に移住したきっかけを教えてください
>>以前テレビで放映されていた『人生の楽園』を見て申し込みました。
Q3:すぐに、住む場所や仕事は決まりましたか?
>>住む場所は市の面接(ラントウレーベン)を受けて、仕事は、知り合いの方の紹介で決まりました。
Q4:大三島に移住してびっくりしたことや困ったことはありますか?
>>いのししがみかんや畑の作物を食べたり荒らしたりする事ラントウレーベンでも、さつまいもを食べられた人もいます。
Q5:その問題はもう解決しましたか??
>>ネットを張ったりセンサーライトをつけたりしました。解決したかどうかは、まだわかりません。
Q6:大三島に移住してよかったこと嬉しかったことはありますか? 。
>>散歩をしていると、皆さんが声をかけてくださって、見知らぬ方でも畑の作物やみかんを『持っていって食べ』と言って持たせてくれます。『干し柿にしな!』と柿を沢山いただいたことも。 島の方が『お接待』の気持ちを持っていらっしゃるのだなと感じます。
Q7:今、一番はまっていることはなんですか?
>>今年借りたみかん畑の世話
Q8:休日の過ごし方を教えてください。
>>天気のよい日は畑  雨の日は図書館・保健センター
Q9:移住前と移住後に何か変化はありましたか?
>>夫はストレスがなくなった!  妻は体が元気になった!
Q10:最後に、これから大三島に移住を考えている方へ、アドバイスや熱~いメッセージをお願いします。
>>気候も良く、台風もほとんど来ません。図書館も充実していて、温浴施設が3つもあります。保健センターで体力作りもできます。何と言っても、島の方たちの親切な人柄としまなみの美しい景色は最高です。
みかんの花の季節には、島中がみかんの香りにつつまれます。
市町村リンク集
  • 今治市
  • シクロツーリズム
  • しまなみ海道観光MAP
  • 吉海じゃけん
  • スタッフブログ
Copyright(C) 島ぐらし All rights reserved.

TEL0897-82-0500